投資信託の手数料と税金

投資信託(ファンド)の場合には、手数料は、購入する時にかかりますが、売却する時にはかかりません。株式の場合には、買う時と売る時のどちらにも手数料がかかりますから、この違いは理解しておいたほうが良いと言えるかもしれません。一方、税金のほうはどちらも同じような仕組みになっていると言えます。すなわち、売った時の値段が買った時の値段よりも高かった場合には、その利益分に対して約20パーセントの税金がかかることになります。また、株式の配当や投資信託の分配金に約約20パーセントの税がかかるという点も同じです。

手数料も投資をする上では大事

これから投資をしようと考えている方が結構いるかと思われます。大企業以外はなかなか給料が上がらない時代ですし、年金もどうなっていくか不透明なので、自分で稼いでいこうとするのは間違いなく良いことだと評価できます。株やFXなどを行う際は手数料にも気をつけるべきです。無駄なコストなので、平均よりも明らかに高い口座で取引きをするのはナンセンスだと言わざるを得ません。一回でかかる額は少ないですが、年間トータルで見たら相当な額になってしまうので注意が必要です。投資は無駄なコストを出さないことも大事なポイントです。

↑PAGE TOP